持病がある人は要注意!カマグラゴールドの併用禁忌薬とは?

カマグラゴールド 併用禁忌

スイカと天ぷらの食べ合わせがわるいように、薬にも飲み合わせの相性があることは知っていましたか?

カマグラゴールドの場合、薬によってはお互いの薬効を高めすぎてしまうことがあるので、持病がある人は注意が必要です。

ここでは、どんな薬を飲んでいるとカマグラゴールドを併用できないのか?という部分をクローズアップしてお伝えしていきます。

条件付きでカマグラゴールド併用OK

持病で飲んでいる薬や症状によってカマグラゴールドを併用できるかどうかが変わってきます。

ここでは条件付きで併用OKな薬と症状の一覧をピックアップしたので見ていきましょう。

併用注意薬のリストをチェックしよう

以下の薬を飲んでいる場合、条件付きではありますがカマグラゴールドを併用することができます。

□α遮断薬
□高血圧や前立腺肥大の治療薬の一部
□降圧剤全般
□CYP3A誘導剤
□急性心不全治療剤

↓↓カマグラゴールドを併用するための条件↓↓

医者と相談して許可をもらえたらOK

かかりつけ医と相談をし、カマグラゴールドと常用している薬の相性をチェックしてもらいましょう。もしそれで問題なければ併用OK!

持病のケアに差し支えない範囲でED治療にのぞみましょう。

カマグラゴールド使用禁忌

もし次の表に当てはまる症状や状態の場合、かかりつけ医との相談あるなしに関わらず、カマグラゴールドの併用はNGです。

□シルデナフィルの過敏症、既往歴がある
□硝酸剤、一酸化窒素供与剤を投与中である
□心血管系障害を持っている
□重度の肝機能障害を持っている
□低血圧または高血圧である
□脳出血や脳梗塞、心筋梗塞を起こした(最近6カ月以内)
□網膜色質変性症である

なぜカマグラゴールドの併用がNGなのか?いくつか理由をピックアップしたので読んでみてください。

シルデナフィルの過敏症、既往歴がある

カマグラゴールドの有効成分であるシルデナフィル過敏症の既往歴がある場合、服用すると皮ふの痒みや発疹、目のかゆみなどが起こります。

硝酸剤、一酸化窒素供与剤を投与中である

カマグラゴールドと併用すると血圧低下を増強してしまい、最悪の場合死亡事故につながる恐れもあります。

低血圧または高血圧である

カマグラゴールドと併用することによって、息切れや動悸などを起こす可能性があります。

また、低血圧もしくは高血圧いずれの場合も血圧を下げすぎてしまう危険性があるので、併用はやめましょう。

脳出血や脳梗塞、心筋梗塞を起こした(最近6カ月以内)

これらの既往歴がある場合、血圧が変化したときに脳の循環を一定に保てない状態になっています。

つまり、血圧を下げることによって直接脳の循環低下になってしまう危険性があるので併用はやめましょう。

自分の身体を最優先で考える

それぞれの症状で説明をした通り、カマグラゴールドの成分によって身体に害を及ぼしてしまうことが分かります。

EDの悩みが捨てきれないのは仕方ないことですが、命を危険にさらすまでのリスクを負っても仕方ありません。

何ごとも健康第一。持病のケアを最優先で考え、ED治療はそのあとに回しましょう。

もしどれにもチェックがなければ適正OK?

どのチェック項目にも当てはまらなければ、基本的にカマグラゴールドの服用は問題ありません。

しかし、持病や症状がないと認識していても、生活習慣病の高血圧や心筋梗塞などが身近に迫ってきている場合も。

ちょっとでも思い当たる症状や違和感があれば病院で検診を受けてみて、ハッキリ適正があるかを確かめるのもひとつの手です。

カマグラゴールド通販は持病の症状をチェックしてから

カマグラゴールドは血管を広げる作用でEDの改善ができますが、飲む人の持病によっては身体に悪影響を及ぼしてしまう可能性も。

自分は大丈夫だからといって禁忌薬と併用するのではなく、きちんと持病を落ち着かせてからED治療にのぞむようにしましょう。