飲酒はカマグラゴールドの敵?適切な量で効果的なED治療薬を!

お酒はカマグラゴールドの敵?影響のない適切な量とは?

お酒に含まれるアルコールはストレスを和らげるだけでなく、血行を拡張して血流をスムーズにする効果もあります。

しかし適切な量を超えての飲酒や間違った飲み方をすると、カマグラゴールドの効果を得られないだけでなく、満足のいくセックスができなくなることも。

セックス前のシチュエーションとして、合コンやクラブ、居酒屋やバーなど、どうしてもお酒の場が多くなるので気をつけたいものです。

そこで、カマグラゴールドの効果を妨げないお酒との付き合い方とはどうすればいいのか?解説していきます。

お酒はカマグラゴールドの敵?適切な量で効果的なED治療薬を!

お酒は少量なら健康にもいいとされていて、リラックスさせたり、緊張をほぐしてくれたりもします。

しかし適切な量を超えてしまうと、生活習慣病でもある高血圧や糖尿病、それに加えてEDのリスクを増やしてしまうことも。

さらには、カマグラゴールドの効きにも大きな影響を与えてしまいます。

酔っぱらってたらカマグラゴールドは効かないの?

酔っぱらっていたとしてもカマグラゴールドは効きます。しかし逆に効きが良すぎて効果だけでなく副作用の症状も強くしてしまいます。

お酒は血管を拡張して血流を良くしますが、それに伴ってカマグラゴールドの血中濃度が普段より高くなりすぎることも。

結局はカマグラゴールドの効果を得られたとしても副作用が強すぎてセックスどころではなく、行為中に中断してしまうのが目に見えます。

また、男性なら誰でも共感できるかと思いますが、お酒を飲みすぎた状態だと感度が鈍くなり、それにしたがって射精もしにくくなります。

セックス前に限らず、自分の健康のためにもお酒の飲みすぎには注意しましょう。

カマグラゴールドの効果を妨げない適切なお酒の量とは?

厚生省の発表によると、1日平均純アルコールで20gほどだとしています。

わかりやすくお酒の種類で例えると…

ビール 中瓶1本
清酒 1合弱
ウイスキー ダブル1杯
焼酎 1杯弱
ワイン 2杯弱

>>1日の適切な飲酒量/厚生省

このときの血中アルコール濃度は0.02%~0.04%で、ほろ酔い一歩手前の状態です。

これを超えると脈拍や呼吸が荒くなったりして、人によっては自分の動作や飲酒量のコントロールができなくなってしまいます。

お酒で酔うのではなく雰囲気に酔えるようにして、必ずチェイサーをお酒の横に常備しておきましょう。

あとに控えるカマグラゴールド、その先にある満足感のあるセックスのために、お酒の量は少量に抑えることです。

間違ったお酒の飲み方はカマグラゴールドにとってNG?

たとえ適切な飲酒量を守ったとしても、飲み方を間違えてしまうと本末転倒で、カマグラゴールドの効きに悪い影響を与えてしまいます。

たとえば空きっ腹で飲んだ場合、胃が空っぽなのでアルコールの吸収が早くなってしまい、悪酔いの原因に。

絶対にやってはいけないのがイッキ飲み。イッキ飲みはアルコールの血中濃度が急激に高まってしまい昏睡状態になってしまう可能性まであります。

>>他人事ではない急性アルコール中毒/東京消防庁

次の予定で控えるセックスを台無しにしてしまうどころか生命の危機まであるので、絶対にやめましょう。

カマグラゴールドを飲むならお酒はなるべく控える!

セックス前に限らずですが、EDを完治させるためには日頃の習慣を変えることも並行する必要があります。

たとえ一時的にEDが治ったとしても、日頃の悪習慣が残ったままだとEDの再発に時間はかかりません。

効率的なED治療のためにカマグラゴールドを飲むことも大切ですが、EDを悪化させない、治ったあとも再発させないために、しっかり日頃の習慣も変えていきましょう。